創業80年以上!老舗企業運営

sdfgtew8453現在世界中には様々なオンラインカジノサイト経営企業がありますが、中でも長い歴史を誇るのが『ウィリアム・ヒル(William Hill)』です。一般にIT系サービスというと1990年~2000年以降に創業した企業が多いものですが、ウィリアム・ヒルが創業をしたのは1930年代のこと。オンラインサービスを始める前に、長いこと「ブックメーカー」として運営されてきた企業なのです。

1930年時点のイギリスでは、まだギャンブルに対して法律がキッチリと整備されていないなど、「企業によるクリーンな運営」がなされていない状態でした。そこで『ウィリアム・ヒル』は誠実かつ安定したギャンブルのとりまとめを行い、一企業として信頼される地位を獲得することに奔走します。

60年代、70年代に至り、イギリス政府が公認のギャンブルを制定したことでギャンブルを楽しむ国民は増えたものの、いまだ「ギャンブルは悪いもの」というイメージが強く、ギャンブル業界は苦戦が続きました。

ここでも『ウィリアム・ヒル』は業界のクリーン化の先鋒となり、国民のギャンブルに対するイメージを一新させたのです。70年代、80年代になると、一般家庭でも気軽にテレビでスポーツを観戦するようになり、ゲーム勝敗をギャンブル対象とした「スポーツブック」が人気に。

この「スポーツブック」を取りまとめる胴元を「ブックメーカー」と呼びますが、『ウィリアム・ヒル』は早期からこのブックメーカー企業として参入しています。

90年代に政府によってスポーツブックが完全に法的に認められたことを皮切りに、国内はもちろん世界的にブックメーカーとして飛躍を始めたのです。

そして90年、2000年と世界をインターネットの網が覆うようになり、ギャンブルの世界にも「オンライン化」の流れがやってきました。『ウィリアム・ヒル』は早い段階でオンライン対応への準備を始め、オンラインスタイルのスポーツブックをスタート。
イギリス全土からはもちろん、一気に世界各国からのユーザーの人気を獲得し、ロンドン市場に上場するほどの有名一流企業にまでのし上がりました。

現在のウィリアム・ヒルは、オンラインサイト上でスポーツブックのみならず、カジノゲームやポーカー、ビンゴ等、多数のゲームを扱っています。ユーザーの所属国は世界170カ国以上。サイト・ゲーム表記も6か国語に対応し、入出金の手続きについても10種類以上の通貨に対応するなど、国際的なサービスとなっています。

他のオンラインカジノサイトでは実店舗が無いところが多いですが、『ウィリアム・ヒル』の場合には世界に2,300以上の実店舗があるのも特長です。オンラインのみならず、電話受付も常時対応するなど、大手企業ならではの安定した経営を行っているのです。

現在、『ウィリアム・ヒル』では日本人ユーザー向けのサイトも用意しており、こちらでは全ページを日本語で読むことができます。
またサイト表記だけでなく、サポート体制にも日本語対応が敷かれているので、初めての人でも安心してオンラインカジノやスポーツブックを楽しむことができるのです。

日本人スタッフが対応してくれるサポートでは、リアルチャット形式で質問ができる「ライブチャット」、「メール」、そして「電話」「FAX」と様々な形で質問を行うことができます。わからない点があったら、気軽に質問をしてみましょう。

ウィリアム・ヒルのオンラインカジノサイトで楽しめるゲームはブラックジャックやバカラ、ルーレット等のスタンダードなものを始め、レッドドッグやカリビアンポーカーなど、非常に豊富です。

人気のキャラクターを使ったスロットゲームも用意されていますから、初めてカジノゲームに挑戦する人でも親しみを持つことができるでしょう。さらに、「スポーツブック」では日本国内のスポーツ試合結果(Jリーグ等)もベット対象となっています。
サッカー好きの人は是非挑戦してみてください。

オンラインカジノ人気の流れにのって、様々な企業が参入しているオンラインカジノ業界ですが、長年の実績と経験を持った企業が運営しているサイトはほとんど無いのが現状です。「クリーンな運営を長年続けてきた」という経験値と信頼感の高さが、多くのユーザーを掴み、オンラインカジノの中で最大級の存在となっている理由であると言えるのではないでしょうか?